トップページへ戻ります

[ダイニングテーブルを囲炉裏座卓に再製]

お客様のご希望で、思い出の家具を新居の間取りに合わせて再製しました。

ダイニングテーブルの天板のみを預かりました。
外寸   1950x950x40  材種 タモ

最初の予定は、この状態で炉の開口の切り取りでした
現物は、10mmの伸縮がありましたので 縦に3枚の板に製材し組みなおす方法に変更しました。

この工程は、一番の難関のサンデングです。

何が難関? 塗装がウレタンで仕上げられていた為
硬くて硬くてなかなか削れません。

ハクリ材を使えば簡単ですが、素材の色が変わって
しまいます。地道な作業です。

仮組

全てサンデングが終了した状態です。
ここで各部材の寸法のチェックをします。
面取りも忘れずに。

接合

接合方法は・・・・・・です。

手前の木口面は、接合後にカットします。
炉の製作

炉は新たに、同じ材種のタモ材で新設しました。
完成した、炉に天板を取り付けます。

取り付け方法は・・・・・・です。
完成

蓋は強化ガラスを取り付けました。
銅板で板金 ダークオーク・ウレタン五分艶

着色後のクリアーウレタン五分艶塗装は、自然な
木目が楽しめます。

加工前の一番上の写真と比較してください。

お問い合わせはこちらへ